うわのそら

長野の空のしたで過ごすフレンチブルドッグそらのきまぐれ日記

05≪2017.06≫07

123456789101112131415161718192021222324252627282930
Homeスポンサー広告>中耳炎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fri2010.02.19

中耳炎

はじめに・・・
私の体調を心配くださり、メールくださった皆様。
ありがとうございます。
優しいお言葉、とっても嬉しかったです。
もう少しゆっくり休養して、元気に戻ってきますので、その時はまた宜しくお願いいたします。



私の具合はまだまだよくなりそうにないのですが、
そらについて書きとめておきたいことがあったので、ブログに残したいと思います。
(*今回のブログは今後の為に書き残しておきたいので、写真もなく、長い文章になってます。)


先週の11日(木)、祝日でした。
この日も相方さんは仕事だったので、朝早く起きました。
そらの起床は5時45分。
いつものようにファンヒーターの前でベッドでくつろいでいました。
すると突然、そこだけ地震が起きているかのように、そらがグラングラン揺れだしたのです。
『そら、大丈夫??』
呼びかけると、少しキョトンした顔をしたのですが、具合が悪そうでした。
その後、そのベッドの上で少し横になっていたのですが、
立ち上がった瞬間、今度は頭だけグラングラン揺れて、目が回り始めました。
抱っこをして落ちつかせると、またキョトンとしてました。

しばらくは普通にしていたので、ご飯はどうしようかと思ったのですが、
凄い食べたそうにしたので、いつもより少なめに朝ごはんをあげました。

いつもの病院は祝日は開いているのですが、木曜が定休日。
診療してくれるのかわからない。
何度か電話をかけてみたのですが、留守電でした。
とりあえず診療開始時間の10時まで様子をみることに。

10時前。朝ごはんを3回位に分けて嘔吐。
その後食べようとするので、元気がないわけではなさそう。

10時、電話をかけてみると、留守電の内容が変わっており、休診日のお知らせの伝言になってました。
一日様子を見て、いつもの病院に行くのか、
それとも本日開いている病院に行った方がいいのか悩みました。
とりあえず、病院を調べて、午前の診療時間が終わるギリギリまで様子をみることにしました。

私も具合が悪かったので、そらと寝室で横になって少し休むことに。
一時間ぐらいは一緒に寝ていたのですが、突然ガバッと起き、フラフラしだしました。
眼を見ると眼振が見られ、頭も左右に揺れています。
『そら、大丈夫??』と言っても反応がありません。

急いで、本日診療している病院へ・・・
病院についた段階では興奮しているのか、まっすぐではないのですが、自分で歩けました。
診察台に乗っても、抱っこをせがむ元気もあり。
たぶん、内耳炎か中耳炎、もしくは前提疾患かも。
眼振だけなら、耳からの疑いをいだけるけど、グラングランに揺れたのは脳からきているかも・・・と。
とりあえず、体が揺れる要素がないか、血液検査をしてもらいましたが、異常は見られませんでした。

前提疾患は普通、老齢におこる病気。
疑いは消えないけど、耳からきているほうが濃厚とのこと。
とりあえず耳を治療していくことになりました。
そらは船酔いしている状態とのこと。
ご飯を食べても吐くだろうとのことで、薬を飲むことができないので、注射でお薬を入れていただきました。

酔い止めも入っているようで、2時間後に水を飲ませても吐かなかったら、夜いつもの4分の1のご飯をあげてもいいとのこと。
とりあえず、明日も病院だ。


夜、水を吐くこともなく、ご飯も嘔吐しませんでした。

12日(金)、昨日の病院へ。
診察室で興奮してしまい、少し嘔吐。
眼振も見られ、中耳炎になっている右耳、右の方へ斜頚が見られる。
点耳薬とお薬で治療していくことに。

13日(土)
相方さんが夕方散歩に連れ出すと、最近嫌がっていたのに、嬉しそうに歩く。
うん○をすると帰りたがったので終了。
まだ眼振と斜頚が見られる。
ただでさえ見えにくい目なのに、眼振のせいか、物にぶつかる。
大好きな骨っこをがじがじして遊ぶ。
食欲は旺盛。

14日(日)
斜頚は見られるが、眼振は時々程度。
物にぶつかることはなくなった。
食欲旺盛。

15日(月)
斜頚は見られる。
眼振は消えた。
ちっこも足をあげてするように。
ただ、寝起きだと少しふらつく。

16日(火)
斜頚は見られる。
外出し帰ると、いつものジャンプでお出迎え。
ジャンプの後、着地失敗。(まだふらつくのか?)

17日(水)
まだお薬はあるけど、やっぱりいつもの先生の見解が聞きたいので、いつもの病院へ。
右耳に水のようなものが溜まっている。
たぶん点耳薬だと思うけど、吸収していないようで、点耳薬はやめるように言われる。
ふらついている様子を見ていないので、なんとも言えなけど、前提疾患の可能性はあると言われる。
MRIで見てもらえば、原因がわかるとおもうけど、前提に異常がある場合、麻酔のリスクは高まる。
今は落ち着いているので、とりあえず耳を治していこうとのこと。
今後もし、また眼振、ふらつきが見られたら前提疾患を疑った方がいいとのこと。
その場合はMRIをした方がいいとのこと。
そらのことを思うと、どうなのだろう?
薬で治まるものなら、全身麻酔は避けたい。
治まってくれるといいのだけれど・・・

暴れるそらを先生2人ががりでレントゲンを撮ってくれたのですが、あまりきれいには写らず(涙)
たぶん中耳炎だとおもうけど、確定はできないとのこと。
マラセチアはいないけど、違う菌が繁殖している。
外耳炎とは違い長期にわたり薬を飲まなければいけないとのこと。

どうしてこんな風になるまで気づいてあげられなかったのだろう。
きっとSOSは出していたはず・・・
ごめんね、そら。
具合が悪くて、ちゃんと見ていなかったのかな??
私の具合が悪いから大人しくていい子にしてたんじゃなかったんだよね。
きっと、もっと前からつらかったんだよね。
鼾ももしかしたら、中耳炎からきていたのかも。
薬を飲みだしてから、ウソのように静かだもん。
ほんと謝ることしかできなくてごめんね。

グラングラン揺れだしたとき、目がグルグル回ったとき、
そらが遠くにいっちゃう気がしました。
そんだけ怖かった。
思い出すと今でも涙がでます。
ほんとに飼い主失格(涙)
自分のことしか見えていなかったことに反省です。
お薬いっぱい飲まなきゃいけないけど、しっかり治そう!!
斜頚がまだ少し見られるのが不安だけど・・・

本日か明日。また病院に行ってきます。
完治目指して。


(*最後まで読んでくださってありがとうございます。長く読みにくい文章で失礼しました。)
  

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://sora0303.blog25.fc2.com/tb.php/248-4fb2c454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。